ホーム>オフィスプロデュース>オフィスづくりの流れ

オフィスづくりの流れ

オフィスレイアウト フロア計画

レイアウト要件の検討

目的を達成する為の具体的要件の検討

貴社の組織、業務形態から必要となるエリア(*1)と人数やモジュール(*2)の検討

*1 執務エリア・作業エリア・会議エリア・役員エリア・応接エリア・接客エリア・店舗エリア・ストックエリア・厚生エリアなど
*2 デスクモジュール(サイズ・仕様、グレード)、書類・図面・書籍・カタログ等のファイリング要件、サーバー・PC・プリンター・コピー・FAX・印刷機等の機器類とワイヤリング要件など

  • テナントビルの場合は耐震の為の壁床固定の可否の確認をしておきましょう。最近では耐震意識の向上で拒否されることは少なくなりました。
  • 天井までのハイパーティション位置もビルの規格や照明、空調等の設備により制約がありますので確認しておきましょう。
  • 限られたスペースの中ではどこか(何か)を犠牲にしなくてはならないことがあります。レイアウト要件の優先順位を決めておきましょう。

ゾーニング

目的を達成する具体的要件を実際のカタチに仕上げる為のフロア活用

レイアウト要件をフロア条件(*3)に合わせて割付てゆく。

*3建屋の方角や平面積、間取り、ドアや窓などの建具、空調・照明・盤・スイッチ・コンセント等の設備類等々

  • 電気回路を把握して機器類の必要電気容量と照合しておきましょう。
  • ゾーニングに合わせ各ゾーンをそのゾーンとしての機能を十分に発揮できるように間仕切や収納庫、または空間等で仕切る。

備品レイアウト

目的を達成する具体的要件を実際のカタチに仕上げる

レイアウト要件とゾーニングプランに基づいて家具・什器・事務機器等を割付てゆく。

  • OAフロア、間仕切を必要に応じて割付してスペースを有効に活用しましょう。
  • そこに集う人一人ひとりにバランス良く快適な空間と移動に十分な導線をデザインして。

ページの先頭へ戻る

オフィスプロデュース
オフィスづくりの流れ
シミュレーション
機能別ソリューション
オフィス家具
納入事例