ホーム>新着情報>2020年3月

新着情報2020年3月

中国生産品の納品状況につきまして!!

2020/03/06

春.jpg
武漢肺炎の為に私達の取扱商品の中にも中国生産の商品で一部供給に支障が出ることが懸念されている商品があります。
ご迷惑をおかけしておりますが各メーカーともできる限りの対応をしているとの情報を頂いておりますので事情を御高配いただけますようよろしくお願い申し上げます。

また、武漢肺炎の影響は罹患という直接的な問題にも増して未知の感染症がアウトブレイクするのではないかという恐怖と防疫体制の不備への不満で私たちの心を蝕んでいます。
昨日開催された第17回新型コロナウイルス感染症対策本部で安倍首相は中国・韓国からの事実上の入国拒否を発表しました。
「感染拡大防止と国民の不安解消の為に中国・韓国からの入国者に対する検疫を強化し指定する場所で2週間待機及び公共交通機関を使用しないことを要請。航空機の到着空港を成田国際空港と関西国際空港に限定し船舶での旅客運送は停止、発行済みの一次及び数次ビザの効力を停止する。韓国の慶尚北道の一部地域とイランのコム州等からの検疫強化を追加して3月7日午前0時から実施、中国と韓国の全域からの検疫強化は9日午前0時から実施、3月末日終了を目途とする。」との内容です。
遅すぎるとか経済に悪影響が出るとかマスコミや野党は批判するでしょうが、中国頼みの政治経済情勢の中、また法律も不備の中でよく実現させたと評価すべきだと思います。
現状でも中国から日本へ日に800人程度の入国があるといわれています。人数は平常時の5%以下ですが私達は日本国内での武漢肺炎拡大の心理的不安にさいなまれていましたので首相からの今回のメッセージは不安解消に大きな効果がある思います。
毎日大量の武漢肺炎情報を執拗に放送するテレビ局にはコメンテーターの偏った自論やセンセーショナルな画像で国民の不安を助長しないように正確で適切な報道に努めるよう期待します。今、国民は武漢肺炎の情報に過敏になっていますので間違った情報でトイレットペーパーの買占め等に走ってしまうのです。思想的に偏ったメディアやジャーナリストは武漢肺炎という世界的疫禍さえも自分達の考えの方向に民意を誘導することに利用しようとしているようです。今は国難ともいえる疫禍に国民が一体となってどのように対応し克服するかという日本人としての民度が試されているのだと思います。
今回のウイルスはある程度の致死率があるとはいえ8割の人は軽い風邪症状程度で済むと言われています。中国は新型鳥インフルエンザ等の動物由来の感染症が次々と発生する環境にありますが日本と近距離であり交易も盛んな相手国です。これからも更に重症化する感染症が発生する可能性がありますので今回の経験を活かして緊急防疫事案に対応できる法制化を急ぐよう期待します。
今回の発表ではマスクやトイレットペーパー等の買占め防止策として不当な転売を禁止し、マスクの今後の供給対応情報を提示しています。暴利を得るために買占めすることはユーザーの自由な購買や企業の正しいビジネスを邪魔するだけでなく犯罪だと示したのです。
これからも日本政府や行政が国民の幸福と日本経済の安定の為に臨機応変に対処し、正しいメッセージが私達に届けられることを期待します。

ページの先頭へ戻る

新着情報
2020.03.06 中国生産品の納品状況につきまして!!
月別アーカイブ
2020年3月