ホーム>新着情報>2018年12月

新着情報2018年12月

良好な関係を構築する為に!!

2018/12/29

 米中の冷戦時代に突入した感があります。いや冷戦ではなく米国の地位と覇権を脅かす中国に対する経済制裁や情報防衛措置による熱き戦いと言えます。軍事力も背景にあるのです。独裁制を強くする習近平の中国の厚顔で不遜な世界戦略に対する攻撃に出たのです。今やらねば機を逃すことになります。世界が中国頼みになっていたここ数十年の間違いを正すには遅すぎる位で待ったなしなのです。それでも中国依存の大きいドイツは二の足を踏むでしょう。ドイツは中国市場を失えば経済的衰退を免れません。中国人は世界の至る所にコロニーのようなチャイナタウンを形成しています。日本も例外ではなく増々増殖中です。日本の居心地が良いからです。しかし彼らは日本の習慣になじまず自分たちの習慣だけで行動しようとします。新しくチャイナタウン化した場所では周囲の住民の大きな問題となっています。本国よりも居心地が良いから外国での居住の道を選んでいるにも関わらず彼らは中国中央政府に忖度した行動や言動をします。それは彼らの心に根差したフラストレーションの為だと考えられます。中国人は中華民族としての選民思想教育(プロパガンダ)による選民としての高いプライドと、そのプライドと乖離した現実から見える実像、欧米・日本による侵略で発展が中断し遅れたとの義憤、その為のフラストレーションと隠された劣等感。その思いを解消してくれる中央政府の拡大政策と言動、思想的自由よりも目の前のフラストレーションの解消と劣等感を隠してくれる形骸化した優越意識の満足を優先し思考・行動する。 国を出た移住の地でも個人の自由が奪われながらもプライドを満足させてくれる中国中央政府の意向を忖度する。多くの富を手に入れた中央政府(中国共産党)は国民の生活の向上よりもその多くを経済的・軍事的覇権主義に使用している。一帯一路政策、アフリカの独占、海路の独占、強い中国は国民のプライドを満足させ、覇権政策で手にする富はさらに強い中国建設の資源としている。
 韓国民も同様に、独立後のプロパガンダにより刷り込まれた選民意識と歴史感。日本に一旦は占領されたが自らの力で日本に勝利して独立したのだという構築された歴史の虚像による優越感。それとは裏腹の軍国日本によって平和の地を植民地化され収奪されたのだと洗脳されたコンプレックス。その植民地化の歴史を自らの力で漢江の奇跡を起こして覆し復興を果たしたとする自尊心。それとはまた裏腹の社会の発展速度の日本に対する劣等感。民心は常に劣等感と優越感の中で揺れている。国は常に日本を標的として利用することで民意を誘導し、政権基盤を維持しようとしてきた。今回の自衛隊機に対するロックオン行為もうつうつとした思いの発露なのでしょう。国は軍の行為の責任を認めようとせず日本に対する民意の悪化に利用しようとしています。文在寅の脱日本迎北朝鮮施策の一連の策謀とも見えます。日本に対して好意的な韓国国民までも慰安婦や徴用工の問題等で独特のポピュリズムで反日に取り込もうとしているのだと言えます。
 日本の隣国である中国と韓国の異なる大きな点は、中国は、国民がフラストレーションを晴らしてくれる中央政府を忖度する中央集権主義、韓国は、国民が自分たちの心地よさを最大価値とするポピュリズム主義ということでです(韓国民はこれを誇るべき民主主義と思っているようです)。この二つの国で経済的文化的政治的比較対象となっているのが日本であり日本は地政学的にこの環境の中で「うまく」やっていかなければならないのです。その為に必要になるのがこの二つの国の国民に刷り込まれた優越感と劣等感をよく理解することであり、それがこの二国との関係で起こる諸事の判断や必要な施策を考えるベースに置く必要があるということです。
 中国・韓国の方も日本に多く渡航して来ます。インタビューすれば日本は良い国だと言います。「好きです」と。私たちはこれを聞いて「ああ、中国の方も韓国の方も日本の良さをちゃんと理解しているんだなあ」と思うでしょう。しかし、中国・韓国人の日本に対する「良い国」との意味と、私たち日本人の抱く意味は異なっているのではないでしょうか。私たちは「良い国」とは歴史があり文化があり先進的でもあり平和で治安が良く安全で外国の人にも分け隔てなく優しく親切な国と思っています。そう評価されているものと考えています。しかしそうではなく「都合の良い国」という意味合いではないのかとも思われます。外国人として基本的に排除されず親切であり居心地が良くどんな振る舞いをしても迎合してくれる都合の良い国であるとの意味と捉えることもできます。空気や水もきれいで清潔、保険制度やごみ収集などの社会的仕組みも整っている。日本製なら何を買っても一定水準以上であることが保証されている。おまけに日本の文化に根差した風景や風土を堪能できる。いい国なのです。

ページの先頭へ戻る

新着情報
2018.12.29 良好な関係を構築する為に!!
月別アーカイブ
2018年12月