ホーム>新着情報>2018年4月

新着情報2018年4月

笑顔の効果は絶大!!

2018/04/28

4月27日朝鮮半島の緊張緩和を目指して北朝鮮と韓国の首脳が板門店で歴史的といわれる会談が実現しました。これで一気に北の核及びミサイルの廃絶と南北離散家族の再会、日本の拉致被害者の返還、、とはならないまでも米朝首脳会談実現への道筋が開けました。今回の南北首脳会談でとにかく目立ったのは金正恩の笑顔と肉声です。昨年の今頃は北朝鮮の横暴な挑発行動に世界が震撼して戦争間近と言われていました。笑顔の金正恩がテレビの生中継を通じて世界に配信されると世評は一気に変わり、まるでこれまでの経緯が免罪されてしまったような勢いです。金正恩は確かに賢いのでしょうが「ずる」が付くのです。これまでのアメリカに対する強圧的態度や自国の労働者に対する尊大で寛大な態度は国民からの求心力を絶対的なものにして絶対的権力を確立する伝統的な手段と思われます。金正恩は強大な敵国アメリカに対しても一歩も引くことなく勇猛果敢に対峙する国民的ヒーローとして、人民の中に混じり笑顔と包容力で見守ってくれる頼れる父親として、民心を惹きつけて元首として国を統治する絶対者になろうとしているのでしょう。彼にとって不特定な人民は「人格を持たない誘導すべき労働提供者」であり相手が無人格であるがゆえに「笑顔」の金正恩でいられる。しかし、特定な人になると敵か味方か役に立つか立たないか、敵と感じればたとえ叔父でも兄でも高射砲やVXガスで惨殺する恐怖の独裁者になる。今回の金正恩の笑顔には既に力尽きた武器開発と混迷する経済、それによる国民からの求心力の低下を一気に解消して、さらに北朝鮮に対する軍事攻撃のハードルを最大限に上げるという策謀が見えてきます。この先は小出しに要求をのみつつ核もミサイルも温存して終戦宣言をして、平和協定を結ぶことで莫大な軍事予算を経済活動に振り向け国際支援も要求して国の経済力を改善して国の内外ともに金正恩の評価を更に高めて、自分は地位を退くと見せかけて傀儡政権や議会を作り、皇帝のような永代君主となり北朝鮮に君臨し続けることを目指しているのではないでしょうか。それが金一族の3代に渡る野望なのではないでしょうか。それは金帝国の樹立であり南北朝鮮が統一することはないということです。終戦して友好条約が結ばれたとしてもまだまだ朝鮮情勢から目が離せないと思います。

ページの先頭へ戻る

新着情報
2018.04.28 笑顔の効果は絶大!!
月別アーカイブ
2018年4月