ホーム>新着情報>2015年6月

新着情報2015年6月

サイバー攻撃により125万件の年金情報が流出

2015/06/02

標的型メールによるサイバー攻撃で125万件の年金情報が流出しました。
流出の原因は、職員がウイルスを仕込まれた添付ファイル付きメールを受信し
添付ファイルを開いたことで職員の使っていたPCがウイルスに感染、
このPCからLAN経由でファイル共有サーバーにアクセスされてしまったとのことです。
日本年金機構としても対策は構じていたとは思いますが情報流出を防げませんでした。
今回のようなネットの脅威の問題はこれから始まるマイナンバー制度にも当てはまります。
企業がマイナンバーを流出した場合には罰則が設けられています。
それだけでなくお客様や取引先からの信用を失うことにもなります。
ウィルス対策ソフトだけでは外部からの不正な侵入を防ぐことができません。
今できることは、UTM(統合脅威管理)を導入の上、社員教育を徹底することが必要です。
UTMは月々僅か1万円程度の金額で導入することができますので是非一度ご相談ください。
年金160602.jpg

ページの先頭へ戻る

新着情報
2015.06.02 サイバー攻撃により125万件の年金情報が流出
月別アーカイブ
2015年6月