ホーム>新着情報>2011年3月

新着情報2011年3月

3月11日東日本を広く襲った地震は浜松の大地も大きく揺らしました。

2011/03/14

ゆっくりと長く長く、皆一様に、はじめはめまいかと思った程です。

被災地は地震の直後に襲来した津波により壊滅的な状態となりました。

日本国民のみならず世界中の人々がこの惨状をテレビでハイビジョンで目撃することとなりました。

ただ、本当に情報の欲しい被災地の方々は多くのインフラが崩壊し僅かにラジオや携帯でしか情報を得られない状態です。

我々東海地方に暮らす者は明日の我が身を思い身震いを禁じ得ません。

さらに、絶対安全を謳っていた日本の原子力発電所が脆くもメルトダウンとなり外壁は水素爆発で吹き飛びその映像もテレビで飛び込んできました。

とても現実とは信じたくない映像は、しかし、決して悪夢ではなく現実そのものなのです。

人間の力ではどうしようもない現実です。

しかし、できることは最善の策として講じておかねばなりません。

家具の固定は転倒を万全に防げるわけではありませんが人が地震に対応できる時間を与えてくれます。

家具がいきなり移動や転倒をして人を襲うタイミングを僅かでもずらします。

転倒した家具が避難通路を塞ぎ避難を困難にすることを防ぎます。

家具の固定は建物の耐震補強と同じく、防災の第一歩です。まずは"身の安全"が第一です。

ページの先頭へ戻る

新着情報
2011.03.14 3月11日東日本を広く襲った地震は浜松の大地も大きく揺らしました。
月別アーカイブ
2011年3月