ホーム>新着情報>2009年1月

新着情報2009年1月

シャープ株式会社から業務用サイズの【高濃度プラズマクラスターイオン発生機】が発売されました。

2009/01/19

プラズマクラスター技術を利用した製品は家電製品や自動車や新幹線などの空調システムにすでに組み込まれており多くの実績があります。

今回発売された【高濃度プラズマクラスターイオン発生機】は業務用としてオフィスや店舗、病院、学校、ホテルなどの広い空間に対応できるものです。

プラズマクラスターイオンは空気中に浮遊するウィルスや細菌、カビ菌、アレル物質を分解・除去します。また、タバコなど付着したニオイ物質も分解し脱臭します。

プラズマクラスターイオンとは?・・・空気中の水分子を電気的に分解して水素イオン(+)と酸素イオン(-)を生成し、このイオンに水の分子がぶどうの房(クラスター)状に集合して保護することにより安定したプラズマクラスターイオンとなります。

どのように作用するの?・・・空気中に飛び出したプラズマクラスターイオンは浮遊するウィルスやカビ菌、アレル物質などに付着するとOHラジカルに変化して瞬時に表面のタンパク質から水素を奪いタンパク質を分解します。

ウィルスなどを分解した後は?・・・OHラジカルは奪った水素と結合して水になって空気中に戻ります。

当社でも試験的に設置する予定です。効果につきましては、またお知らせいたします。

ページの先頭へ戻る

新着情報
2009.01.19 シャープ株式会社から業務用サイズの【高濃度プラズマクラスターイオン発生機】が発売されました。
月別アーカイブ
2009年1月