ホーム>新着情報

新着情報

総選挙の結果に見る「風」の読み方!!

2017/11/14

今回の総選挙の結果を評して284議席を占めた自民党は得票率では48%で決して圧勝ではないとの意見をメディアでもネットでも多く見ます。全有権者数からすると自民党に投票したのは25%であり国民は安倍首相を信任しているわけではないとも言っています。この結果は小選挙区制度によるマジックであり民意を反映しない間違った制度だとも指摘されています。
今回の選挙結果は現在の日本が置かれている状況をつぶさに見て危機意識を高めた国民の正しい選択結果だとみることもできます。日本国民は賢明な選択をしたのだとの評価です。
小選挙区制度は問題もあるが国政を安定させることは国益に叶ったことだという見方です。
この選挙結果を思わしくないとする人は安倍独裁政治をイメージさせたいのだと思いますが、この制度は独裁を生む制度ではなく風が変われば簡単に政権が変わることにもなります。風の吹く方向により大きく舵が切れる言わばオーバーステアリングの特性が現れます。希望の党を立ち上げた小池氏はこのオーバーステアリングに賭けて、逆風を受け敗退しました。
小池氏の敗北もメディアでは国政に出なかったこと、加えて「排除」等の言葉が原因だと分析する向きが多いようですが、小池氏が初めから「政党代表は務めるが都知事の職は都民の為に全うする」と表明しなかったことだと思います。その上で排除などの言葉で足をとったメディアの影響もありました。希望の党が烏合の衆とならない為にはこれは必要な判断でしたが言葉遣いの配慮に欠けたということです。都知事選や都議会選挙で圧勝できたのは、都民が選んだ都知事への都議会自民党議員の侮蔑的行為と露呈したドン都政への都民の報復が要因でした。決して秋葉原に現れた安倍政権打倒勢力に都民が加担したのではないのです。
都民は東京都で顕わになった問題を解決してくれる騎士として小池氏を選び支持したのです。東京都の問題を投出すなら当然反旗を翻します。小池都知事はブームを自分の政治的力量と読み違えました。しばらくは批判の矢面に立たされるでしょうが、しっかりと反省をして、勝負師を脱皮して、ひるまずしっかりと都政に取組んでもらいたいと思います。それが都民の信頼を取り戻す唯一の方法です。今日、小池氏が希望の党の代表を辞任したのは都政に専念する為に必要なことです。
先月訪れた東京は台風の影響で無情の雨でした。夜、雨で霞む都庁舎は巨大な怪物のような異様な姿を見せてくれました。
CIMG6452-2.jpg

Wi-Fiの通信規格WPA2の脆弱性対策!!

2017/10/19

Wi-Fi環境の通信規格WPA2の脆弱性が指摘され問題になっています。
Wi-Fi環境下で暗号化された通信内容が第三者に読取られてしまうというものです。
今後は読取りだけでなく攻撃の対象となる可能性もありますので十分な注意が必要です。
WindowsやAppleのOSでは対策パッチファイルを配信済みですので更新しておきましょう。
Linuxも対応されていると聞いています。
Androidについては近日中には更新ファイルが配信される予定です。
この件に限らずOSは常に最新の状態にアップデートしておかなければ危険です。
重要な情報の発信にはHTTPでなくHTTPS で接続されているサイトであることを確認する、
有線LANが使える場合は有線LANを使用する等の使用上の対策も必要です。

10月22日は衆議院選挙の投開票が行われます。
テレビでは巧妙で恣意的な報道もありますので誘導されることなく判断しましょう。
台風の影響が心配ですが国民として重要な選択ですので投票場に足を運びましょう。
私たちが、自分の次世代の人達に誇れる国の姿を実現できる、重要な一歩です。

横行する電話詐欺にご注意を!!

2017/10/05

CIMG6335.jpg
弊社社員の親族のところへ孫(息子)をよそおった詐欺電話がかかってきました。
「携帯電話を失くしたので警察に届けた。警察からそちらへ電話があるかもしれないから連絡した。」という内容でした。
親族が電話に出た時、名のらぬ相手に「〇〇かい」と孫の名前を言ってしまったのです。
しかし、本人に連絡が取れ事なきを得たとのことですが警察を名乗る電話もありません。
これは詐欺の前兆電話で個人情報を盗みリスト化して悪用しようというものです。
最近では「音声ガイダンス」で始まり案内されてボタンを押すと電話がつながり相手が出る。相手から本人確認の為にと個人情報を聴取する。カード詐欺の被害にあっている等と思わせ誘導して金銭の要求に移る。という巧妙な手口もあるようです。
金銭や個人情報に絡む話は、たとえ相手が親しい人であっても一旦電話を切り、携帯をなくした等の言葉にとらわれずこちらからかけ直しましょう。企業なら自ら連絡先を調べましょう。
このようなことが身近で起こると、何も信じられなくなってしまいます。
政界では衆議院が解散されて総選挙となり急遽「希望の党」が台頭してきました。
小池代表はここに来て衆院選には出馬しないと明言、前原氏は政治判断での出馬を打診、前原氏は打倒安倍政権を旗頭に民進党を割っても政権を奪取したい意向です。
「大義無き解散」や「パクられた」から始まり、民進党の解党・希望の党への合流へ進みましたが、聞こえてくるのは相変わらず「安倍政権打倒」で、なぜ打倒すべき政権なのかは明確ではありません。そもそも安倍一強は安倍首相に代わることができる人材がいないことが原因で日本の政治家の資質が問われていることですから、先ずは身を律して「国民の為に何を為すか」を考えるべきです。
現状はこれからも多くの時間を森友・加計を争点として追及するだけのように思えます。
見掛の問題追及に終始し正面から政策で対峙しなかったことが民進党の瓦解の原因です。
小池氏は策士であり勝負師です。チャンスをうまく切取り自分の風としてしまいます。
これまで国政出馬をウヤムヤにして、ここで100%無いと、初めから言っていると釈明。
前原氏や党員に押され都知事後任を指名し東京の為日本の為に出馬となるのでしょうか。
日本初の女性首相を旗印に選挙戦に臨むのでしょうか。
都民は裏切られたと感じないでしょうか。都知事選挙には50億円もの巨費も必要です。
政治の世界が詐欺電話まがいの「取った者勝ち」ではいけません。
10月22日の衆院選は、誘いの言葉ではなく、日本の舵をとる実行力の有無をしっかりと見据えて投票したいと思います。今回の選挙はこれまでにない日本の将来に重要な選択をする選挙だと思います。

Jアラートと企業の心構え!!

2017/09/15

9/15 今朝、北朝鮮が日本上空を通過するミサイルを打ちました。国連安全保障理事会で11日に採択された制裁決議に反発して、日本に対しても列島を沈めるなどの恫喝をした上での発射であり、日本及び国際社会への「鉄砲玉」と言えるでしょう。北朝鮮のやっていることは常識では理解できません。国際社会は国連憲章や条約などの約束はありますが一国内における法律に該当するものはありません。誤解を恐れず言えばある意味ヤクザの世界と似ています。北朝鮮は地方の暴れ者ヤクザ、中央で全国を統括する大規模ヤクザが米国と見立てると、北朝鮮の置かれている立場や抗争の分けも少し明確になります。中央ヤクザの米穀会に先々代からの恨みを持つ地方のはぐれヤクザが、隙を見つけて「鉄砲玉」を打ち自分の存在を認めさせようとしている。中央ヤクザに対抗する地方都市のヤクザに中一家と露組がいて、北朝鮮の米穀会への抗争を対抗カードに利用している。北朝鮮は真っ向勝負では米穀会に勝てないのは承知しているので、小規模ながらもいざとなれば相手の懐に大きな鉄砲玉を食らわせるモノを手に入れ、こんなものも持っているぞと見せつける。見せつけるのは自分たちの縄張りの中の人々を押さえつける為にも使われる。金正恩とその権力中枢の一派は自分たちの保身だけが目的であり、国民はその使役に要する囚人です。最近、今の北朝鮮を戦前の日本になぞらえる論調があります。しかし、まったく的外れだと思います。戦前の日本は東アジアの権益争奪の中で孤立させられ石油も止められ、争奪戦から退却すれば覇権国からの実質的統治という状態でした。また、国内も国民には自由があり、恐怖政治ではありませんでした。天皇と金ファミリーの違いは説明の要もないでしょう。しかし、北朝鮮は、もし現体制の維持を条件にホールドアップし核とミサイルを放棄すれば世界は北朝鮮への人道的支援を惜しまないでしょう。(もちろんホールドアップ後の朝鮮半島の体制づくりに多くの問題をはらんではいますが)にもかかわらず、金一派は自らの権威を失墜するホールドアップは絶対にしない構えです。金正恩はカッコ悪くホールドアップすれば国民の支持を失い現体制が崩壊すると思っているはずです。また、日本や米国に危害を加えれば全面戦争となり国すらなくなることも承知のはずです。綱渡りの中で鉄砲玉を実弾で無人島に打ち込む等の暴挙に出るかもしれません。Jアラートが鳴り、避難を要することもあるでしょう。私たち企業人はいたずらに脅えるのではなく人命の保護と共に事業継続を確保できる対策の検討が必要です。内閣官房の国民保護ポータルサイトの「全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達に関するQ&A」等の情報に目を通しておくことも必要でしょう。Jアラート行動.jpg

暑い夏!!気分を変えてガンバりましょう!!

2017/08/17

今年の夏は暑さと水害に苛まれています。
異常気象も年々苛烈なものになってきます。
各国の経済と治安の「事情」がせめぎ合いながら環境を正義を破壊しているようです。
中国は国家主席が習近平になって以来経済力を威力として覇権を加速しています。
韓国は文在寅大統領が慰安婦問題や徴用工問題を蒸返し支持率を維持しようとしています。
北朝鮮は核とミサイルでアメリカや近隣国を恫喝して核保有国として認知を求めています。
ISは相当に劣勢となり、その反動で各地でのテロを頻発しています。
欧州では移民問題等で疲弊して国家の正義よりも目前の利益確保に躍起です。
アメリカもトランプ大統領の問題で国内が二分し安定せずリーダーシップがとれません。
日本では加計学園等の問題が尾を引き政権支持率が下がり無難な舵取りしかできません。
テレビメディアは偏向報道がされたとの民意を政権による圧力と言換え批判に転じました。
メディア人間には自らの行動の結果を反省し律するという能力がない発達障害を感じます。
考えているとウキウキする楽しいことが見当たらない現状です。
せめても夏の夜空を轟音と共に彩る打ち上げ花火を見に出かけました。
昨年もお知らせした弊社の目の前で行われる飯田町の花火です。
真下から見上げる全天を覆う花火は爆裂音と共に感動が心に響きわたります。
気分を変えて楽しい時を過ごすことが何より今必要なことだと思いました。
iidahanabi20170812.jpg

ページの先頭へ戻る

新着情報
2017.11.14 総選挙の結果に見る「風」の読み方!!
2017.10.19 Wi-Fiの通信規格WPA2の脆弱性対策!!
2017.10.05 横行する電話詐欺にご注意を!!
2017.09.15 Jアラートと企業の心構え!!
2017.08.17 暑い夏!!気分を変えてガンバりましょう!!
月別アーカイブ
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2011年3月
2011年2月
2009年11月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年8月