ホーム>新着情報

新着情報

新たな時代に向かって!!

2019/01/11

写真02.jpg
 2019年 新年あけましておめでとうございます。
 太平洋戦争終戦から七十四年になろうとしています。戦後は民主主義と社会主義の冷戦が続き、一旦は社会主義が衰退したように見えましたが中国が改革開放で資本主義を取り入れて中国共産党独裁のまま急速に経済発展を成し遂げました。私たちの属する東アジア地区の国々は国民性として親社会主義的な側面を持っているようです。戦後、日本でもその傾向は強く「最も成功した社会主義国」と言われたこともありました。今では中国が正にそういうことなのでしょう。韓国では文在寅大統領が年頭の記者会見でほゞ日本を無視する態度を示しました。慰安婦問題・徴用工と表現されている問題・レーダー照射問題等々、日本の韓国に詳しいといわれる知識人は「これらの問題で大統領は苦慮している」という発言で事態を治めようとしてきましたが文在寅こそがこの状況を画策している首謀者であることは分かっているはずです。文在寅の目指すところは韓国民のポピュリズムを背景とした韓国の社会主義化であり、日本とのこれらの問題をことさら大きくすることで韓国民の反日感情を煽り韓国民を先導する為の踏石として利用しようとしているということです。韓国国民がそれを自覚しない限りこの事態は進むでしょう。韓国国民はそれでいいのでしょうか。文在寅は北朝鮮と平和協定を締結して同盟を結びたい、その為には米国による北朝鮮との終戦宣言が必要であり、南北融和を世界に働きかけています。韓国が北朝鮮と同盟を結び中国とも親密な体制を確保すれば米国の保護は不必要と考えているはずです。韓国の過去の軍事政権下の大統領の取決め(米国との同盟)や保守派大統領の決めたことはことごとく払拭したいと考えているのでしょう。金正恩が訪中しましたが文在寅もそう時間を置かずに訪中するのではないかと思います。THAADの韓国撤去方針をお土産にするかもしれません。中国は文在寅を国賓級に歓待する可能性があります。なぜなら南北朝鮮の急接近は他ならぬ中国・習近平の遠謀だからです。トランプ大統領は韓国駐留軍を引上げてもいいと言っているのですからチャンスです。東アジアを中国の派遣の下に治める為の策謀が着々と進んでいるということです。EU諸国、特にドイツやイギリスは経済優先で中国市場を喉から手を出して欲し、中国頼みの姿勢が続いています。米国は対中国政策で日本を更なる軍事拠点化をするかもしれません。
 予測不能な変動の戦後第4フェーズから東アジアでの日本孤立という第5フェーズに進もうとしています。日本はこれからの七十余年を考えて新たな時代に突入しているのだと自覚せねばなりません。

良好な関係を構築する為に!!

2018/12/29

 米中の冷戦時代に突入した感があります。いや冷戦ではなく米国の地位と覇権を脅かす中国に対する経済制裁や情報防衛措置による熱き戦いと言えます。軍事力も背景にあるのです。独裁制を強くする習近平の中国の厚顔で不遜な世界戦略に対する攻撃に出たのです。今やらねば機を逃すことになります。世界が中国頼みになっていたここ数十年の間違いを正すには遅すぎる位で待ったなしなのです。それでも中国依存の大きいドイツは二の足を踏むでしょう。ドイツは中国市場を失えば経済的衰退を免れません。中国人は世界の至る所にコロニーのようなチャイナタウンを形成しています。日本も例外ではなく増々増殖中です。日本の居心地が良いからです。しかし彼らは日本の習慣になじまず自分たちの習慣だけで行動しようとします。新しくチャイナタウン化した場所では周囲の住民の大きな問題となっています。本国よりも居心地が良いから外国での居住の道を選んでいるにも関わらず彼らは中国中央政府に忖度した行動や言動をします。それは彼らの心に根差したフラストレーションの為だと考えられます。中国人は中華民族としての選民思想教育(プロパガンダ)による選民としての高いプライドと、そのプライドと乖離した現実から見える実像、欧米・日本による侵略で発展が中断し遅れたとの義憤、その為のフラストレーションと隠された劣等感。その思いを解消してくれる中央政府の拡大政策と言動、思想的自由よりも目の前のフラストレーションの解消と劣等感を隠してくれる形骸化した優越意識の満足を優先し思考・行動する。 国を出た移住の地でも個人の自由が奪われながらもプライドを満足させてくれる中国中央政府の意向を忖度する。多くの富を手に入れた中央政府(中国共産党)は国民の生活の向上よりもその多くを経済的・軍事的覇権主義に使用している。一帯一路政策、アフリカの独占、海路の独占、強い中国は国民のプライドを満足させ、覇権政策で手にする富はさらに強い中国建設の資源としている。
 韓国民も同様に、独立後のプロパガンダにより刷り込まれた選民意識と歴史感。日本に一旦は占領されたが自らの力で日本に勝利して独立したのだという構築された歴史の虚像による優越感。それとは裏腹の軍国日本によって平和の地を植民地化され収奪されたのだと洗脳されたコンプレックス。その植民地化の歴史を自らの力で漢江の奇跡を起こして覆し復興を果たしたとする自尊心。それとはまた裏腹の社会の発展速度の日本に対する劣等感。民心は常に劣等感と優越感の中で揺れている。国は常に日本を標的として利用することで民意を誘導し、政権基盤を維持しようとしてきた。今回の自衛隊機に対するロックオン行為もうつうつとした思いの発露なのでしょう。国は軍の行為の責任を認めようとせず日本に対する民意の悪化に利用しようとしています。文在寅の脱日本迎北朝鮮施策の一連の策謀とも見えます。日本に対して好意的な韓国国民までも慰安婦や徴用工の問題等で独特のポピュリズムで反日に取り込もうとしているのだと言えます。
 日本の隣国である中国と韓国の異なる大きな点は、中国は、国民がフラストレーションを晴らしてくれる中央政府を忖度する中央集権主義、韓国は、国民が自分たちの心地よさを最大価値とするポピュリズム主義ということでです(韓国民はこれを誇るべき民主主義と思っているようです)。この二つの国で経済的文化的政治的比較対象となっているのが日本であり日本は地政学的にこの環境の中で「うまく」やっていかなければならないのです。その為に必要になるのがこの二つの国の国民に刷り込まれた優越感と劣等感をよく理解することであり、それがこの二国との関係で起こる諸事の判断や必要な施策を考えるベースに置く必要があるということです。
 中国・韓国の方も日本に多く渡航して来ます。インタビューすれば日本は良い国だと言います。「好きです」と。私たちはこれを聞いて「ああ、中国の方も韓国の方も日本の良さをちゃんと理解しているんだなあ」と思うでしょう。しかし、中国・韓国人の日本に対する「良い国」との意味と、私たち日本人の抱く意味は異なっているのではないでしょうか。私たちは「良い国」とは歴史があり文化があり先進的でもあり平和で治安が良く安全で外国の人にも分け隔てなく優しく親切な国と思っています。そう評価されているものと考えています。しかしそうではなく「都合の良い国」という意味合いではないのかとも思われます。外国人として基本的に排除されず親切であり居心地が良くどんな振る舞いをしても迎合してくれる都合の良い国であるとの意味と捉えることもできます。空気や水もきれいで清潔、保険制度やごみ収集などの社会的仕組みも整っている。日本製なら何を買っても一定水準以上であることが保証されている。おまけに日本の文化に根差した風景や風土を堪能できる。いい国なのです。

長寿時代を生き抜くために!!

2018/11/21

 あまり知られていない国民年金の任意加入と付加年金について調べてみました。年金はまだまだという方も知っておくといいですよ。
 任意加入とは、国民年金は20歳から60歳の480ヶ月で保険金の払い込みをしますが、学生時代に未加入であったりとか払い忘れ期間があったりした場合に60歳から65歳の間で追加加入ができる制度です。
 付加年金は60歳から65歳の間に月々400円の掛金で月々もらえる国民年金(基礎年金)に200円x加入月数が加算されます。12ヶ月支払えば年金が月々2400円増えるのです。
 この任意加入と付加年金は、厚生(共済)年金加入者であるサラリーマンは対象外ですが、第3号被保険者(厚生年金に加入している方の配偶者)だった方が60歳になれば第3号を外れますから加入が可能です。ますます長生きされる奥様の年金を増やすとても良い制度です。また、基礎年金の65歳からの支給開始を遅らせる繰下げ支給をすれば月々の年金額が増えます。70歳からの支給とすれば42%の増額となります。奥様の御主人が先立たれた場合でも遺族年金は[ 配偶者の比例報酬部分の75% ]が奥様の比例報酬部分と入れ替わる仕組みですから奥様の基礎年金部分をできるだけ大きくしておくことが長寿時代に必要なことです。
 市役所や出先機関が窓口ですから相談してみてください。但し、収入が増えれば税金や保険料も増えますのでご承知ください。また、奥様が第3号被保険者を外れても年金保険料は変わりませんのでご承知ください。

台風24号の脅威 浜松大停電!!

2018/10/10

 9月30日日曜日夜、台風24号が浜松を襲いました。10時頃から風雨が強まり11時頃我家は「停電」 LEDライトとラジオでいつ復旧するかと夜通し待っていたが復旧せず、マンションなので水も出ない。10月1日車で出社するが信号も消えていて異常な状態でした。なんとか会社に到着しても会社も停電・断水。幸い別棟の倉庫事務所の水が出たのでこちらのトイレは使えました。会社は電気がないと何もできない。PCも動かない。電話も鳴らない。FAXも来ない。倉庫のシャッターも開かない。だだいつ復旧するかまんじりともせず待っているしかないのです。市野のイオンは営業していたので社員の昼食は買い出しして何とかしました。しかし、信号がほとんど消えているので車は譲り合いでなんとか買い出しができました。結局終業時刻になっても電力は回復せず何もできませんでした。帰宅して窓から街の様子を見ると電力が回復しているところもある。道の向こうとこちらで運命が分かれていました。国際試合があった浜松アリーナ側は明るく、道を隔てて反対側は真っ暗。早々に復旧したところ、停電しなかったところが少し恨めしい思いでした。何がこの境遇の境目になっていたのでしょうか。10月2日も会社は電力が回復せず結局2日間は開店休業でした。3日に電力が回復した時は只々嬉しかった。日本人特有なのか皆同じような状況に至ると怒りもせず整然と対処できるのです。テレビが回復してニュースを見るとかなり広範囲に停電等の被害が出ていたことを実感しました。今、夜の街明かりを見ると、これはすごいことなんだと感じます。停電断水の中の異常な状態に慣らされて神経が少し麻痺しているようです。仕事では停電が一番困りましたが生活では断水の方が大きな問題でした。大変な出来事でしたが、これは良い経験になったと思います。この経験を忘れないようにしなければなりません。これからも大災害はいつ発生するか分からないのです。

積上げた実績を本当の成果に結びつける為に必要なこと!!

2018/09/22

 9/9全米OPテニス女子決勝でセリーナ・ウィリアムズが大坂なおみに敗れました。主審の警告に対するセリーナの抗議で試合は台無しになったと言えます。セリーナの弁明に理解を示す著名人も多いようですが、そこには相手選手である大坂なおみ選手への気遣いが欠落していると思います。試合はセリーナの為だけに行われる分でも、セリーナのファンの為だけに行われる分でもありません。
 主審の行為にルール上の問題はありませんでした。素人目にも試合は開始からセリーナが大坂なおみに全く歯が立たない状況でした。その状況に苛立ち焦ったセリーナが主審相手に攻撃を仕掛けて大坂にプレッシャーを与えて状況を挽回しようとしたといえます。しかも、次にはラケットを投げ潰して見せた。これが更に輪をかけてポイントペナルティとなり、試合を投げ出した執拗な抗議にセットペナルティを課された。明らかにこれはセリーナの負け試合だと言えます。
 選手の最大の義務は試合を成立させることです。思うように試合が運ばない苛立ちでセリーナが試合を台無しにしたのです。評価されるべきは大坂なおみです。そんな試合の中、限りないアウェー感の中で冷静に試合を進め決勝戦を成り立たせたのです。
 セリーナは主審の判断を女性差別によるものだと問題をすり替えて抗議しています。ファンはそれに賛同するでしょう。トレンディでセンシティブな抗議ですから。しかし、セリーナは抗議より先に大坂に謝罪と感謝をするべきです。それがなければ積上げてきた実績を威力として、大坂に、主審に、観戦者に、身勝手な振舞いをする女子テニス界の帝王(権力者)だといえます。私とは環境が違う彼女がどのような差別を意識してきたかは知る由もありませんが、自我の弁明のために差別を訴える本人こそが差別主義者だといえます。
 私もこれまでは強いセリーナのファンでしたが私の中のセリーナの実績は全て消えてしまいました。セリーナにとっては痛くも痒くもないことですが残念なことです。王者は王者らしく振舞わなければなりません。企業で言えば社長が社長らしい振舞いをしっかりと、社員に、顧客に、見せることのできないとすれば会社の将来が揺らいでしまう分けですから。企業は人格を持った組織です。積上げた実績を将来に向けて着実に成果に結び付けていかなければなりません。

ページの先頭へ戻る

新着情報
2019.01.11 新たな時代に向かって!!
2018.12.29 良好な関係を構築する為に!!
2018.11.21 長寿時代を生き抜くために!!
2018.10.10 台風24号の脅威 浜松大停電!!
2018.09.22 積上げた実績を本当の成果に結びつける為に必要なこと!!
月別アーカイブ
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2011年3月
2011年2月
2009年11月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年8月