ホーム>新着情報

新着情報

「令和」の時代を迎えるために!!

2019/04/09

2019春.jpg
 新元号が「令和」と決まりました。元号が変わったからと言って日本の体制が変わるわけではありませんがこれまでを顧みて、評価すべきは評価し反省すべきは反省して気持ちを刷新するのは良いことです。特に日本人はけじめをつけることが苦手ですので、行事や祭事等で区切りをつけるのだと思います。
 時代とともに詐欺などもますます巧妙化して知らぬ間にフェイクの世界へ誘導してターゲットを騙します。既に多くの新元号詐欺の報道がされています。詐欺に限らず人心誘導手段として「知らぬ間に」ターゲットを自分の考えに導こうとする行為、世論を誘導しようという行為が見受けられます。
 令和の時代の直前に浜松市民は「住民投票」を経験しました。私としては初めての経験です。浜松市の区割再編の可否を市民に問うものでしたが、投票方法が複雑で分かりにくく広報等を何度読み返しても「こういうことなのではないかな」としか理解できませんでした。そもそも提起された区割再編について私はこの住民投票で初めて知った程度で、そうした人も多かったのではないでしょうか。本来、住民投票は市民の間で賛否が割れて難航している問題を解決するために賛成か反対かで決を採るものだと思っていました。今回は投票結果もよく分からないものです。言い換えれば結果を都合の「いいように解釈できる」のです。投票に当たって区割再編でどう変わるのか、費用はどのくらい掛かるのか、節約効果はどのくらいなのか、疑問点に対する具体的資料やデータが無いので判断が付きませんでした。住民投票の設問からすれば、私のように区割再編の意識も薄く問題意識も判然としていない者は「区割再編について理解不足で判断できない」ことから3区割り反対、将来の区割変更に「反対とも決められないので」賛成となります。実際の結果もそうでした。この設問方法では統計学的にそうなるべきものということができます。住民投票本来の目的とは異なり市民に区割再編を意識付けさせるための手段として行われたとも見えます。採決を求めないアンケート調査のようでした。「いいように解釈できる」結果が欲しかったのでしょうか。
 テレビやネットでは、最近の韓国からの理不尽な日本攻撃にともない、悪化する日韓関係についての情報が多く見受けられます。韓国の文在寅大統領をはじめとするリベラル左派の「表立たぬ暗黙の連帯」が問題の要因と思われます。それを受けてなのか日本の討論番組などに登場する韓国人コメンテーターが最近盛んに口にするのは「韓国にも問題はあるが日本も悪い」というようなコメントです。視聴者へ問題が韓国発ではなく日本と韓国の同時併発だというイメージ付けと思われます。これまでは日本が悪いというコメントが多かったのですが流石に最近の状態には弁明できず「日本も同罪だから日本が言動を慎むことで問題を解決すべき」というメッセージを視聴者に認めさせるための問題すり替えのようです。不思議なのは韓国人コメンテーターの間で異口同音にこうしたメッセージが発せられていることです。
 昔から情報手段の発達とともにプロパガンダなどで人心が誘導されて時代が動いてきたのでしょう。令和の時代には5Gも始まり情報手段が今以上に溢れてくることでしょう。情報に誘導されるのではなく情報をしっかりと解析し判別し判断してゆく力が必要です。令和の時代が目の前に来ています。
 桜が満開になり入学式を飾りました。令和の時代が私たちにとってより良い時代になるように努力しなければなりません。

平成の満了、新たな時代が始まる!!

2019/03/30

さくら2019.jpg
 和暦としての平成が本年4月30日で満了し5月1日からは新しい元号に代わります。4月1日には新元号の発表があります。企業では業務上西暦を用いることが多いとは思いますが、和暦も日本人のアイデンティティの拠所として日本人を形成する要因として重要な役割を担っているようです。
 象徴としての天皇と和暦があるからこそ日本は国際社会がグローバル化し今その反動で自国第一主義と移り変わる中、安定した存在としてありつづけることができるのでしょう。今年も弊社の駐車場の桜が咲き始めました。どんな災害や事件があろうとも桜は日本中で新たな花を咲かせます。新たな時代が、日本にとって国民にとって、安全で平和で健康であるよう「安寧」が実現されることを期待しつつ新たな元号を待ちたいと思います。

セルフプロテクション!!

2019/02/20

 人は生活し仕事していく上で様々な危険に日々遭遇しているといえます。人は経験を積み日々脅威から自ら身を守っています。しかし、改元詐欺にも狙われています。振り込め詐欺もアポ電強盗というは極めて危険な手口に変貌してきています。自身を護るスキルをアップさせなければいけません。
 自分の身は自分で守るという意識付けが必要な時です。PCの環境でも同様です。ウイルス対策ソフトは基本中の基本です。昨日も私個人のPCのブラウザ上に危険なソフトをダウンロードさせようと「Windowsセキュリティシステムが破損しています」「必須:下の[更新]ボタンをクリックして、最新のソフトをインストールしてスキャンしファイルが保護されていることを確認してください」と表示されました。
 今はウイルス対策ソフトだけでなく[UTM]が企業として最低限備えておかなければならないアイテムです。当サイトの「オフィスセキュリティ」のページをご参考にしてください。
 尚、先ほどのようなブラウザ上にPCのOSであるWindowsの破損の表示など出るはずがありません。PCはそんなに親切ではありません。OSのシステムファイルが破損すればPCが起動しないなどの支障が発生します。ブラウザに表示されるこうした表示はすべて詐欺と考えて問題ありません。もしも表示されたら慌ててブラウジングされたものには触らず、ブラウザ右上の[X]で終了するか、それができなければタスクマネージャーから「タスクの終了」でブラウザを閉じてしまえば大丈夫です。

新たな時代に向かって!!

2019/01/11

写真02.jpg
 2019年 新年あけましておめでとうございます。
 太平洋戦争終戦から七十四年になろうとしています。戦後は民主主義と社会主義の冷戦が続き、一旦は社会主義が衰退したように見えましたが中国が改革開放で資本主義を取り入れて中国共産党独裁のまま急速に経済発展を成し遂げました。私たちの属する東アジア地区の国々は国民性として親社会主義的な側面を持っているようです。戦後、日本でもその傾向は強く「最も成功した社会主義国」と言われたこともありました。今では中国が正にそういうことなのでしょう。韓国では文在寅大統領が年頭の記者会見でほゞ日本を無視する態度を示しました。慰安婦問題・徴用工と表現されている問題・レーダー照射問題等々、日本の韓国に詳しいといわれる知識人は「これらの問題で大統領は苦慮している」という発言で事態を治めようとしてきましたが文在寅こそがこの状況を画策している首謀者であることは分かっているはずです。文在寅の目指すところは韓国民のポピュリズムを背景とした韓国の社会主義化であり、日本とのこれらの問題をことさら大きくすることで韓国民の反日感情を煽り韓国民を先導する為の踏石として利用しようとしているということです。韓国国民がそれを自覚しない限りこの事態は進むでしょう。韓国国民はそれでいいのでしょうか。文在寅は北朝鮮と平和協定を締結して同盟を結びたい、その為には米国による北朝鮮との終戦宣言が必要であり、南北融和を世界に働きかけています。韓国が北朝鮮と同盟を結び中国とも親密な体制を確保すれば米国の保護は不必要と考えているはずです。韓国の過去の軍事政権下の大統領の取決め(米国との同盟)や保守派大統領の決めたことはことごとく払拭したいと考えているのでしょう。金正恩が訪中しましたが文在寅もそう時間を置かずに訪中するのではないかと思います。THAADの韓国撤去方針をお土産にするかもしれません。中国は文在寅を国賓級に歓待する可能性があります。なぜなら南北朝鮮の急接近は他ならぬ中国・習近平の遠謀だからです。トランプ大統領は韓国駐留軍を引上げてもいいと言っているのですからチャンスです。東アジアを中国の派遣の下に治める為の策謀が着々と進んでいるということです。EU諸国、特にドイツやイギリスは経済優先で中国市場を喉から手を出して欲し、中国頼みの姿勢が続いています。米国は対中国政策で日本を更なる軍事拠点化をするかもしれません。
 予測不能な変動の戦後第4フェーズから東アジアでの日本孤立という第5フェーズに進もうとしています。日本はこれからの七十余年を考えて新たな時代に突入しているのだと自覚せねばなりません。

良好な関係を構築する為に!!

2018/12/29

 米中の冷戦時代に突入した感があります。いや冷戦ではなく米国の地位と覇権を脅かす中国に対する経済制裁や情報防衛措置による熱き戦いと言えます。軍事力も背景にあるのです。独裁制を強くする習近平の中国の厚顔で不遜な世界戦略に対する攻撃に出たのです。今やらねば機を逃すことになります。世界が中国頼みになっていたここ数十年の間違いを正すには遅すぎる位で待ったなしなのです。それでも中国依存の大きいドイツは二の足を踏むでしょう。ドイツは中国市場を失えば経済的衰退を免れません。中国人は世界の至る所にコロニーのようなチャイナタウンを形成しています。日本も例外ではなく増々増殖中です。日本の居心地が良いからです。しかし彼らは日本の習慣になじまず自分たちの習慣だけで行動しようとします。新しくチャイナタウン化した場所では周囲の住民の大きな問題となっています。本国よりも居心地が良いから外国での居住の道を選んでいるにも関わらず彼らは中国中央政府に忖度した行動や言動をします。それは彼らの心に根差したフラストレーションの為だと考えられます。中国人は中華民族としての選民思想教育(プロパガンダ)による選民としての高いプライドと、そのプライドと乖離した現実から見える実像、欧米・日本による侵略で発展が中断し遅れたとの義憤、その為のフラストレーションと隠された劣等感。その思いを解消してくれる中央政府の拡大政策と言動、思想的自由よりも目の前のフラストレーションの解消と劣等感を隠してくれる形骸化した優越意識の満足を優先し思考・行動する。 国を出た移住の地でも個人の自由が奪われながらもプライドを満足させてくれる中国中央政府の意向を忖度する。多くの富を手に入れた中央政府(中国共産党)は国民の生活の向上よりもその多くを経済的・軍事的覇権主義に使用している。一帯一路政策、アフリカの独占、海路の独占、強い中国は国民のプライドを満足させ、覇権政策で手にする富はさらに強い中国建設の資源としている。
 韓国民も同様に、独立後のプロパガンダにより刷り込まれた選民意識と歴史感。日本に一旦は占領されたが自らの力で日本に勝利して独立したのだという構築された歴史の虚像による優越感。それとは裏腹の軍国日本によって平和の地を植民地化され収奪されたのだと洗脳されたコンプレックス。その植民地化の歴史を自らの力で漢江の奇跡を起こして覆し復興を果たしたとする自尊心。それとはまた裏腹の社会の発展速度の日本に対する劣等感。民心は常に劣等感と優越感の中で揺れている。国は常に日本を標的として利用することで民意を誘導し、政権基盤を維持しようとしてきた。今回の自衛隊機に対するロックオン行為もうつうつとした思いの発露なのでしょう。国は軍の行為の責任を認めようとせず日本に対する民意の悪化に利用しようとしています。文在寅の脱日本迎北朝鮮施策の一連の策謀とも見えます。日本に対して好意的な韓国国民までも慰安婦や徴用工の問題等で独特のポピュリズムで反日に取り込もうとしているのだと言えます。
 日本の隣国である中国と韓国の異なる大きな点は、中国は、国民がフラストレーションを晴らしてくれる中央政府を忖度する中央集権主義、韓国は、国民が自分たちの心地よさを最大価値とするポピュリズム主義ということでです(韓国民はこれを誇るべき民主主義と思っているようです)。この二つの国で経済的文化的政治的比較対象となっているのが日本であり日本は地政学的にこの環境の中で「うまく」やっていかなければならないのです。その為に必要になるのがこの二つの国の国民に刷り込まれた優越感と劣等感をよく理解することであり、それがこの二国との関係で起こる諸事の判断や必要な施策を考えるベースに置く必要があるということです。
 中国・韓国の方も日本に多く渡航して来ます。インタビューすれば日本は良い国だと言います。「好きです」と。私たちはこれを聞いて「ああ、中国の方も韓国の方も日本の良さをちゃんと理解しているんだなあ」と思うでしょう。しかし、中国・韓国人の日本に対する「良い国」との意味と、私たち日本人の抱く意味は異なっているのではないでしょうか。私たちは「良い国」とは歴史があり文化があり先進的でもあり平和で治安が良く安全で外国の人にも分け隔てなく優しく親切な国と思っています。そう評価されているものと考えています。しかしそうではなく「都合の良い国」という意味合いではないのかとも思われます。外国人として基本的に排除されず親切であり居心地が良くどんな振る舞いをしても迎合してくれる都合の良い国であるとの意味と捉えることもできます。空気や水もきれいで清潔、保険制度やごみ収集などの社会的仕組みも整っている。日本製なら何を買っても一定水準以上であることが保証されている。おまけに日本の文化に根差した風景や風土を堪能できる。いい国なのです。

ページの先頭へ戻る

新着情報
2019.04.09 「令和」の時代を迎えるために!!
2019.03.30 平成の満了、新たな時代が始まる!!
2019.02.20 セルフプロテクション!!
2019.01.11 新たな時代に向かって!!
2018.12.29 良好な関係を構築する為に!!
月別アーカイブ
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2011年3月
2011年2月
2009年11月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年8月