ホーム>新着情報

新着情報

積上げた実績を本当の成果に結びつける為に必要なこと!!

2018/09/22

 9/9全米OPテニス女子決勝でセリーナ・ウィリアムズが大坂なおみに敗れました。主審の警告に対するセリーナの抗議で試合は台無しになったと言えます。セリーナの弁明に理解を示す著名人も多いようですが、そこには相手選手である大坂なおみ選手への気遣いが欠落していると思います。試合はセリーナの為だけに行われる分でも、セリーナのファンの為だけに行われる分でもありません。
 主審の行為にルール上の問題はありませんでした。素人目にも試合は開始からセリーナが大坂なおみに全く歯が立たない状況でした。その状況に苛立ち焦ったセリーナが主審相手に攻撃を仕掛けて大坂にプレッシャーを与えて状況を挽回しようとしたといえます。しかも、次にはラケットを投げ潰して見せた。これが更に輪をかけてポイントペナルティとなり、試合を投げ出した執拗な抗議にセットペナルティを課された。明らかにこれはセリーナの負け試合だと言えます。
 選手の最大の義務は試合を成立させることです。思うように試合が運ばない苛立ちでセリーナが試合を台無しにしたのです。評価されるべきは大坂なおみです。そんな試合の中、限りないアウェー感の中で冷静に試合を進め決勝戦を成り立たせたのです。
 セリーナは主審の判断を女性差別によるものだと問題をすり替えて抗議しています。ファンはそれに賛同するでしょう。トレンディでセンシティブな抗議ですから。しかし、セリーナは抗議より先に大坂に謝罪と感謝をするべきです。それがなければ積上げてきた実績を威力として、大坂に、主審に、観戦者に、身勝手な振舞いをする女子テニス界の帝王(権力者)だといえます。私とは環境が違う彼女がどのような差別を意識してきたかは知る由もありませんが、自我の弁明のために差別を訴える本人こそが差別主義者だといえます。
 私もこれまでは強いセリーナのファンでしたが私の中のセリーナの実績は全て消えてしまいました。セリーナにとっては痛くも痒くもないことですが残念なことです。王者は王者らしく振舞わなければなりません。企業で言えば社長が社長らしい振舞いをしっかりと、社員に、顧客に、見せることのできないとすれば会社の将来が揺らいでしまう分けですから。企業は人格を持った組織です。積上げた実績を将来に向けて着実に成果に結び付けていかなければなりません。

「何が大切なのか」人は時として間違うことがあります。

2018/08/22

花火と夕日180822.jpg
 今年も飯田の花火を見てきました。久しぶりに東部中学の校庭での打ち上げで弊社駐車場ではほゞ真上に打ち上がります。残念なのは打ち上げ数が少なくなっていました。スターマインも1回だけ。しかし、大会最終で打ち上げられはスターマインは圧巻でした。何万発と上げられる大きな大会とは違う感動があります。駐車場に横になって観ると真上から花火が降ってくる感じです。カラがバラバラと私の周りに落ちてきていくつかは体に当たりました。私の真上で爆発しているのですから当然なことです。
 現象には全て原因があるのです。温暖化の影響なのか今年の夏は異常な猛暑となりました。台風も次々発生します。大雨で大きな被害が発生しました。今後も発生の危険性があります。海水温が高くなるとその海水をかき回して冷やすために台風が発生すると聞きました。定説では大気汚染などによる地球温暖化が異常気象の原因だと言われている中、トランプ大統領をはじめ一部の識者や学者といわれている人がそれを否定しています。確かに地球の周期的環境変動という要素は否定できませんが、原因の如何にかかわらず自然の微妙な節理の中で保たれている「人が生息できる」地球を切に思いやるという「心」が大切なのだと思います。自説を振り回すより日々の生活の中で今できることを確実に行っていくことだと思います。 ...写真は8/11夕方の弊社から見た市街地方面の夕日と飯田花火です。

目的実現の為のプランニング!!

2018/07/11

 企業は自社の理念実現の為に目的・目標を持っています。そして経営計画を策定します。企業を国家に置き換えて最近の東アジアの情勢を考えてみます。主役は中国です。今の情勢とは南北朝鮮が急速に接近してこれまでの米中との関係が変わろうとしている事実です。中国の理念を「世界に覇権を広めて世界を中国化すること、中華思想の実現」としましょう。東アジアでの当面の目標は朝鮮半島を中国の監督下に置くこと。「韓国に誕生した親北の文在寅を利用して反中国的で米国向きな金正恩を取り込み朝鮮半島を監督下に置く」と言う図式です。
 中国にとって幸か不幸か誕生した米国のトランプ政権は米兵家族に韓国駐留米軍の撤退を公約していました。その中で北朝鮮の核開発・ミサイル開発に伴う米国バッシングが加速してトランプは米国の軍事力を背景に国連主導で経済封鎖を実施、協力が疑われた中国もこれに乗り北朝鮮は窮地に立たされました。中国は朴槿恵から親北で南北連邦国家を提唱する文在寅に政権が変わった韓国に対して、それまでのTHAADミサイル撤去の条件なしで中韓スワップ協定の継続を決め朴政権下で悪化した中韓関係を大きく改善させました。要は親北の文在寅韓国大統領を利用して疲弊する北朝鮮の金正恩を急速に軟化させ南北融和進展を図る、反中だった金正恩を訪中させて支援を暗示、核の温存を暗示して、そのうえで米朝会談を設定し金正恩夫妻をシンガポールまで送迎した。つまり中国は経済制裁への協力を表明した時点で既に今の状況づくりを画策し実行していたということです。南北統一国家誕生は別として朝鮮半島から米国を排して中国の監督下置くこと、中国にとって朝鮮の核はそれから何とでもできることです。
 日本のテレビではコメンテーターが「一番得をしているのは中国」つまり「漁夫の利を得ているのは中国だ」とコメントしていますが、そうではなくこの事態が中国の手の中で進んでいるということです。決して漁夫の利ではないということです。この件に限らず中国は狡猾な策謀をめぐらして理念実現に向けて進んでいます。狡猾な策謀に懲りて反旗を翻す国もありますがそうした国さえ後戻りできないように足元を縛ります。世界は今も中国の「お金」に目が眩み利益を「是」として迎中の姿勢を正そうとはしていません。習近平の独裁の中で効率化した中国はやがて壮大な理念「世界の中国化」を実現してしまうのでしょうか。
 独裁中国の理念を知る日本がこれに対抗するためには日本も世界情勢の現実を基に熟考した正しい理念を掲げることです。その第一歩が憲法の改正でしょう。目標を策定して計画し素早く実行することです。戦後日本は「明日は今日よりずっと良い」という考えのもとで一致協力して経済発展を遂げましたが、今は「明日の為に今日を正す」という思考が重要でありその為には不断の努力を要します。日本の理念「全国民が幸福で自由な社会を自らの手で実現する」為に。企業が全社員で理念実現を目指して努力するように、日本の私たちの将来、次世代の為に今が重要なのではないかと思います。

難題は身を律して対処しましょう!!

2018/06/21

ワークフット.jpg
 6月も中旬を過ぎお客様のお引越しやオフィスリニューアル等のご依頼も佳境を乗り切ることができました。ひとえに皆様のごひいきの賜物であり誠にありがとうございます。
 そんな折、世情に目をやると、金正恩が3度目の訪中を果たとのニュースを目にしました。今回は米朝会談へのサポートの御礼ということのようですがどちらかと言えばいずれも習近平側からのオファーによるものでしょう。金正恩はこれまでの行動で自国が中国の属国でありカードであることを拒否してきました。要は中国が嫌いなのです。念願の対米直接交渉のカードを手にした今は、属国としてではない対中関係の構築をもくろんでいるはずです。今回の米朝会談で得をしたのは中国だとの評価もありますがそうではないと思います。確かに8月の米韓合同軍事演習は中止されるようですが中国にとってそれ程喜ばしいことではないでしょう。中国は何より米朝の急速な接近に危機感を募らせていると思います。だからこそ習近平は金正恩に「親切」をして手中に収める画策をしているのです。蜜月ぶりと「親切な中国」を、自国に、北朝鮮に、世界に、見せることで中国がどの国よりも北朝鮮と一番緊密な関係にあることを誇示したいのでしょう。その点では金正恩の「次の一手を打つためのツール」として利害が一致したということです。米朝の融和交渉が進むにしたがって金正恩はこれまでのような文在寅との蜜月関係から距離を取り始めるはずです。金正恩体制を維持するためには南北朝鮮の融和には時間をかけたいでしょう。体制維持に参考になるのはロシアのプーチン大統領と中国の習近平でしょうから中露との関係を深めておく必要があります。北朝鮮はそれらの国と国境を接するという「地の利」を持っいますからそれを生かさない手はないのです。金正恩は国内向けには、鎖国状態を解いた後も北朝鮮の自国民に「北朝鮮を有利な方向へ導く強い指導者」として支持を受ける為の礎石を作らなくてはならないからです。この金正恩の動き次第ではかつての米ソ冷戦のような米中冷戦時代に陥る可能性を助長しかねません。経済だけでなく軍事力でも覇権を広げたい中国に対してアメリカは自国の権益を守るという目的のために対中政策を更に硬化させて来るでしょう。この時日本は難しい立場に置かれることになります。現状のような国内体制で大丈夫なのでしょうか。喫緊の問題として日本が北朝鮮との関係で注目したいのは拉致被害者の開放です。金正恩にとっては経済支援の有効な交渉カードとして仕立て上げたいでしょう。前向きな姿勢と突き放しで揺さぶりをかけてくることでしょう。私たち日本国民としてはこれに一喜一憂せず毅然とした態度を見せることが重要です。しかし、現状の国内情勢ではマスコミや野党がこの揺さぶりをネタに現政権の足を引っ張る姿が浮かんできます。日本の主権者である私たちがしっかりとした気概を持って交渉を見守ることが何より肝心なことだと思います。その姿勢をしっかりと見せることでマスコミも野党も正しい方向に身を律していくことになるでしょうから。

クライシスマネジメントの重要性!!

2018/05/28

CIMG59222.JPG
5月のテレビのワイドショーは日大アメフト部の常軌を逸したタックルの問題でもちきりでした。日大の対応が全くお粗末で、直接の加害選手のタイムリーで誠実な対応により更に危機管理意識のなさが際立ちました。大学の経営陣・管理運営陣・執行部がどのような監理体制にあったのか大いに疑問です。テレビに登場する学長・理事長も井の中の蛙のようなコメントを発して改善の余地がないのではないかと心配になります。売上を上げ利益を出すことを業とする企業も、学術や技術の向上と学生を育て社会の将来の担い手をつくることを業とする大学も、井の中の蛙では社会に認められずやがては存在価値を失い廃業する運命です。危機管理(クライシスマネジメント)は企業は当然ですが、井の中の蛙でも表面化しなければ経営に支障が及びにくい大学はそれゆえに自戒の念をもって取り組まねばならない問題です。私も日大のOBであり今回の問題には深く落胆しています。日大の運営におけるインシデントは既にアクシデントとなり社会的な問題になってしまっています。日大が体質を改善して「日本大学」の名前を更生する為には井の中の蛙を脱し、人心を一新しなければならないと思います。危機管理は決して事後対策の方法ではありません。準備や心構えから始まるものです。執行部はよく理解していると思います。日大には危機管理学部があるのですから。

ページの先頭へ戻る

新着情報
2018.09.22 積上げた実績を本当の成果に結びつける為に必要なこと!!
2018.08.22 「何が大切なのか」人は時として間違うことがあります。
2018.07.11 目的実現の為のプランニング!!
2018.06.21 難題は身を律して対処しましょう!!
2018.05.28 クライシスマネジメントの重要性!!
月別アーカイブ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2011年3月
2011年2月
2009年11月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年8月