ホーム>新着情報

新着情報

年金では2000万円不足する、とは!!

2019/06/13

koureisisyutu.png
 金融審議会・市場ワーキング・グループによる高齢社会における貯蓄額形成・管理という報告書が公表されマスコミから年金だけでは生涯で2000万円不足するとの報道がトップニュースで流布されて混乱を招いています。麻生財務大臣は国民に誤解と混乱を与えるとして受け取りを拒否し野党は「安心安心詐欺」という無知蒙昧なレッテルを貼って政府を攻撃しています。
 もともとこの報告書は「高齢社会における貯蓄額形成・管理」をテーマにしたもので2000万円不足するぞと脅す内容のものではありません。この報告書のどこに問題があったかと言えば、月5.5万円不足との結果を提示した収入と支出のデータが比較すべきデータではなかった点です。支出のデータは2017年の高齢夫婦無職世帯家計調査によるものですが、これは平均されたデータです。日本には2000万円以上の貯蓄額を持つ方が4割程度いると言われており高齢世帯の平均で1200万円と言われていますがその人達を含んだ平均です。その人達はその貯蓄額を前提に消費しているのです。言い換えれば年金収入月20万円のみの家庭ならばそれを前提に消費しているわけです。もちろん、高齢者は介護の問題があり、どれだけ将来にお金が必要になるのかという不安があります。そこにマスコミの短絡したセンセーショナルな報道で不安が更に掻き立てられたということです。参議院選挙で攻勢を仕掛けたい野党の政局を賭けた空騒ぎで、確かな資産を持っている人達までが騒ぎ出したのです。
 この報告書から分かることは今の高齢者世帯の年金額は平均この程度であり、支出はそれぞれそれなりの貯蓄を持って生活ができているということです。そして、世代別にみれば各世代で自分が高齢になる時までに必要な蓄財やiDeCo等の確定拠出型年金の利用等で個別に準備することができますと提案しているということです。高齢無職でも資産があれば投資等で収入を得る手段があることを示しただけです。
 テレビではマクロ経済スライドだからどうのこうのと訳知り顔で解説している人もいますが、この報告書は将来、年金支給額が大きく減額されるから備えろ、ということではないのです。野党の安心安心詐欺だとのレッテル貼りも大きく的外れなことで恥ずかしいことです。国民の不安を助長させる悪影響を知りながら自分たちの存在の為だけに、恥も外聞もない稚拙な分析で政権攻撃の材料としようとする野党は信用を更に失墜することになります。
 今件のように本来比較対象ではないデータを元に比較をすると間違いが起きます。この報告書も説明したいことを裏付けようと出しだデータが説明したいことを離れて取り立たされてしまいました。ビジネスにおけるプレゼンでも同様だと思います。使うデータを間違えるとお客様に本来訴求したい内容を正確に表現できないものになってしまいます。お客様に信頼される為にはお客様サイドの考え方でお客様に訴求したいことを正しく分析し端的に示すことが必要です。

車が安全で役立つアイテムである為に!!

2019/05/27

20190527.jpg
 ここのところメディアから高齢ドライバーによる凄惨な事故のニュースが続きます。もちろん事故は各年齢層でも発生していますが高齢ドライバーのケースが報道で目立ちます。高齢運転にはどんな問題があるのでしょうか。
 2016年11月に「認知症ではないまでも高齢者の運転には次のような問題があります。視野が狭いだけでなく状況を感知する感覚も衰えている為周りに気を配ることが不得意です。それと同時にひとつの事にとらわれると別の認識や判断ができなくなってしまう傾向にあります。状況の変化を感知しても頭と体が反応するまでの時間がかかります。特に男性は本来停止すべき状況でも「自分が進めるのだ」という思い込みでとにかく進んでしまう傾向があります。実際にはのろのろ運転、蛇行運転、停止すべき場所での飛び出し、信号無視、ブレーキとアクセルの踏み間違い、内輪差での巻込み、道路の逆走、車道以外の通行等、悲惨な交通事故の原因となっています。」と記しました。解決する手段は年齢制限しかないのではないでしょうか。例えば、現在の免許制度では71歳以上の方の免許更新は3年間となっていますが71歳以上で2年間、75歳以上で1年間、80歳で運転卒業。80歳以上でどうしても生活に運転が必要と認められた場合は地域別な特例で半年間更新で地域限定免許とする等。更新時には認知症検査の他、運転シミュレーションマシンによる反射神経や事態対応力のチェックをする。これを実施するには免許制度自体の変更と更新施設やシステムの増設で多くの費用を必要とします。しかし、今の時代はそれが必要だということです。我々もいち早い対策が実現できるよう心掛けなければなりません。
 高齢者の運転とは別に「自己流運転」もよく見受けます。免許を取って年月が経つうちに基本を忘れたり勘違いして自己流で運転しているのです。法規を逸脱していることは少ないと思いますが運転マナーが自己流となり、場合によって他のドライバーに迷惑をかけているかもしれません。それが原因で事故につながる危険性もあるでしょう。免許更新の際には教本を貰うと思いますので無駄にせず運転のマナーを再確認しておきましょう。
 車自体の問題では、安全装置が進化してきましたので最新の車程、安全性は高まっているといえるでしょう。しかし、ヘッドライトの眩しさは問題だと思います。眩しさで眩惑が起こり事故にもつながる危険性があります。車関係のサイトを見るとLEDそのものの問題としては扱わず粗悪品であったり調整不良であったりということが取り上げられています。もちろん、改造ヘッドライトやサイド・バックライトで爆光を放つトラック等も見かけますがこれは論外です。そういうことではなく市販車に搭載されているLEDヘッドランプが光の指向性が高く、輝度が高く、光束が多く、眩しいのです。目に刺さってくる感覚です。前方の対向車はもちろん後ろの車の光がこちらの車内へ入りミラーが眩しいこともよくあります。現在は軽自動車も高価で、高級部品を惜しみなく使用しているものが人気が高く売れています。軽自動車は特にライト位置が高いものが多くホイールベースが短いので路面の影響を受けやすく光軸が上下に大きく動き光が目に刺さります。外車や高級車は更に高性能なヘッドライトなので光束が多く眩しくなっています。車には光軸を上下調整する仕組みが装備されていますがドライバーの意識は低く適正に調整されていないこともあります。数値としての明るさではなく、実際の視認性ではLEDの白い光はグレーの路面や霧等に吸収される等で旧来からのハロゲンヘッドライトに比べて一概に見やすいとは言えません。ハロゲンの色温度の低い黄味がかった光は目に刺さることがなく眩惑の危険性も低いのです。家庭用では電球色のLEDもあるのですから光束は多くても色温度の低いLEDはできないのでしょうか。
 また、最近のLEDのウインカーやストップランプはカバーが透明のものが多く昼間は外光に負けて視認しにくくなっています。黄色や赤色のカバーであればこのようなことはありませんし、ウインカーの位置もあらかじめ分かりやすいのでその意味でも確認がしやすいのです。いろいろと進化が著しい自動車ですがランプ関係では新たな問題にもなっているということを自動車業界の方も認識しておいていただきたいと思います。

「令和」の時代を迎えるために!!

2019/04/09

2019春.jpg
 新元号が「令和」と決まりました。元号が変わったからと言って日本の体制が変わるわけではありませんがこれまでを顧みて、評価すべきは評価し反省すべきは反省して気持ちを刷新するのは良いことです。特に日本人はけじめをつけることが苦手ですので、行事や祭事等で区切りをつけるのだと思います。
 時代とともに詐欺などもますます巧妙化して知らぬ間にフェイクの世界へ誘導してターゲットを騙します。既に多くの新元号詐欺の報道がされています。詐欺に限らず人心誘導手段として「知らぬ間に」ターゲットを自分の考えに導こうとする行為、世論を誘導しようという行為が見受けられます。
 令和の時代の直前に浜松市民は「住民投票」を経験しました。私としては初めての経験です。浜松市の区割再編の可否を市民に問うものでしたが、投票方法が複雑で分かりにくく広報等を何度読み返しても「こういうことなのではないかな」としか理解できませんでした。そもそも提起された区割再編について私はこの住民投票で初めて知った程度で、そうした人も多かったのではないでしょうか。本来、住民投票は市民の間で賛否が割れて難航している問題を解決するために賛成か反対かで決を採るものだと思っていました。今回は投票結果もよく分からないものです。言い換えれば結果を都合の「いいように解釈できる」のです。投票に当たって区割再編でどう変わるのか、費用はどのくらい掛かるのか、節約効果はどのくらいなのか、疑問点に対する具体的資料やデータが無いので判断が付きませんでした。住民投票の設問からすれば、私のように区割再編の意識も薄く問題意識も判然としていない者は「区割再編について理解不足で判断できない」ことから3区割り反対、将来の区割変更に「反対とも決められないので」賛成となります。実際の結果もそうでした。この設問方法では統計学的にそうなるべきものということができます。住民投票本来の目的とは異なり市民に区割再編を意識付けさせるための手段として行われたとも見えます。採決を求めないアンケート調査のようでした。「いいように解釈できる」結果が欲しかったのでしょうか。
 テレビやネットでは、最近の韓国からの理不尽な日本攻撃にともない、悪化する日韓関係についての情報が多く見受けられます。韓国の文在寅大統領をはじめとするリベラル左派の「表立たぬ暗黙の連帯」が問題の要因と思われます。それを受けてなのか日本の討論番組などに登場する韓国人コメンテーターが最近盛んに口にするのは「韓国にも問題はあるが日本も悪い」というようなコメントです。視聴者へ問題が韓国発ではなく日本と韓国の同時併発だというイメージ付けと思われます。これまでは日本が悪いというコメントが多かったのですが流石に最近の状態には弁明できず「日本も同罪だから日本が言動を慎むことで問題を解決すべき」というメッセージを視聴者に認めさせるための問題すり替えのようです。不思議なのは韓国人コメンテーターの間で異口同音にこうしたメッセージが発せられていることです。
 昔から情報手段の発達とともにプロパガンダなどで人心が誘導されて時代が動いてきたのでしょう。令和の時代には5Gも始まり情報手段が今以上に溢れてくることでしょう。情報に誘導されるのではなく情報をしっかりと解析し判別し判断してゆく力が必要です。令和の時代が目の前に来ています。
 桜が満開になり入学式を飾りました。令和の時代が私たちにとってより良い時代になるように努力しなければなりません。

平成の満了、新たな時代が始まる!!

2019/03/30

さくら2019.jpg
 和暦としての平成が本年4月30日で満了し5月1日からは新しい元号に代わります。4月1日には新元号の発表があります。企業では業務上西暦を用いることが多いとは思いますが、和暦も日本人のアイデンティティの拠所として日本人を形成する要因として重要な役割を担っているようです。
 象徴としての天皇と和暦があるからこそ日本は国際社会がグローバル化し今その反動で自国第一主義と移り変わる中、安定した存在としてありつづけることができるのでしょう。今年も弊社の駐車場の桜が咲き始めました。どんな災害や事件があろうとも桜は日本中で新たな花を咲かせます。新たな時代が、日本にとって国民にとって、安全で平和で健康であるよう「安寧」が実現されることを期待しつつ新たな元号を待ちたいと思います。

セルフプロテクション!!

2019/02/20

 人は生活し仕事していく上で様々な危険に日々遭遇しているといえます。人は経験を積み日々脅威から自ら身を守っています。しかし、改元詐欺にも狙われています。振り込め詐欺もアポ電強盗というは極めて危険な手口に変貌してきています。自身を護るスキルをアップさせなければいけません。
 自分の身は自分で守るという意識付けが必要な時です。PCの環境でも同様です。ウイルス対策ソフトは基本中の基本です。昨日も私個人のPCのブラウザ上に危険なソフトをダウンロードさせようと「Windowsセキュリティシステムが破損しています」「必須:下の[更新]ボタンをクリックして、最新のソフトをインストールしてスキャンしファイルが保護されていることを確認してください」と表示されました。
 今はウイルス対策ソフトだけでなく[UTM]が企業として最低限備えておかなければならないアイテムです。当サイトの「オフィスセキュリティ」のページをご参考にしてください。
 尚、先ほどのようなブラウザ上にPCのOSであるWindowsの破損の表示など出るはずがありません。PCはそんなに親切ではありません。OSのシステムファイルが破損すればPCが起動しないなどの支障が発生します。ブラウザに表示されるこうした表示はすべて詐欺と考えて問題ありません。もしも表示されたら慌ててブラウジングされたものには触らず、ブラウザ右上の[X]で終了するか、それができなければタスクマネージャーから「タスクの終了」でブラウザを閉じてしまえば大丈夫です。

ページの先頭へ戻る

新着情報
2019.06.13 年金では2000万円不足する、とは!!
2019.05.27 車が安全で役立つアイテムである為に!!
2019.04.09 「令和」の時代を迎えるために!!
2019.03.30 平成の満了、新たな時代が始まる!!
2019.02.20 セルフプロテクション!!
月別アーカイブ
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2011年3月
2011年2月
2009年11月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年8月