ホーム>新着情報

新着情報

2018年 真の自由(リベラル)を忘れない為に!!

2018/01/11

あけましておめでとうございます。
本年も浜松オフィスシステム株式会社をよろしくお願いいたします。
年始早々に社会的にも色々な問題が提起されています。
 どこにどんな目があってどんな反応が起こるのか、日本という同質を前提としている国では異質に対する配慮という感覚が元々希薄なようです。年末恒例の「絶対に笑ってはいけない...」というTV番組でダウンタウンの浜田氏がエディマーフィーに扮して笑いを取るという企画で配慮が足りないと指摘を受けています。お笑いタレントが顔を黒く塗っただけで誰かが目くじら立てるなどとは一般に想像できません。自分とは異なる感性で見ている人たちがいることは見過ごされがちです。リベラリズムに対する配慮に欠けたと言うことでしょう。黒人を、差別され続けてきた弱者と規定し、これを笑いの種にすることはリベラリズムに反しテレビはやるべきでないということです。片や表現の自由というリベラルもあります。顔を黒塗りにした芸人の姿を笑うことは、黒人を笑いの対象とした分けではなく表現の自由の範疇であるという見方です。製作者はそのように考えていたのでしょう。弱者に触れるには腫れ物に触るように非常にナーバスにならねばいけないというのも何か行き過ぎ感があります。逆に強者と目されれば個人情報も衆目に晒され、大上段で揶揄したり批判したりするのも正義だとされています。これも事実であり逆の差別とも言えます。
 韓国での慰安婦問題の取り扱いもこのジレンマに嵌っているように思えます。慰安婦問題を声高に叫ぶ人たちの心情は、日本が過去に為した不埒な行いに対する義憤ということではなく、犠牲になったおばあさんたちの心の傷と悲しみに対する弁済、の代理要求と見て取れます。自由をはく奪されたおばあさんたちを救うという、リベラリズムに則した社会正義としての行為ということでしょう。「帝国の慰安婦」の著者のように韓国内で慰安婦問題に批判的言動をしようものなら犯罪者にされてしまいます。かわいそうなおばあさんをいじめる悪い奴だからです。これも逆の差別と言えます。韓国内では慰安婦問題は国民の支持を得る反日のカードとして挺対協等の活動家に利用され、それを支援する政治家の利権確保の材料として繰返し国民に訴え続けられてきました。韓国のこの現象は国民のメンタリズムとなってしまっているので外からは癒しようがありません。韓国政府が国民の心のひだに染み付いたトラウマを時間をかけて注意深く開放して事態収拾すべき問題であり、他に解決策はないのですが、これを逆手に取りつづけ誘導してカードとして利用し続けています。日本としてできることはないのに謝罪要求を繰返し求め、要求に応じない、というより応じることができない日本の姿を、韓国政府は国内向けに自省できない愚かな日本の姿として訴え、要求を認めさせることができなかった韓国政府という姿をオブラートする代償にもしています。だから韓国内の慰安婦問題は治まるどころか禍根を深めていくことになります。この状況は慰安婦問題だけにとどまらないでしょう。国民の情緒に自ら刷り込んだトラウマが根源的問題であることに気づき、自ら改めるしかないのですが、おそらく無理な希望です。行き過ぎた、ナーバスな、偏狭な、集団的リベラリズムは確信的であり自浄能力を失い収拾困難な事態に陥ります。自らは解決放棄した問題をターゲットにした相手に一方的に押し付けて不可能な解決策をひたすら求め続けることになります。解決要求をし続け、無関係な他国への告口したりすることでしか自分たちの欲求充足ができないからです。
 リベラリズムを正しく機能させるためには自省の心を持つことが必要です。思い込みではなく正しく事実を認識し検証するロジックが必要です。日本ではまだ色々な意見を自由闊達に交わすことができます。この空気を大切に守らなければならないと思います。個人に認められた本来の自由を守る為に。

オフィスの「働き方改革」これからのワークスタイル!!

2017/12/22

SEQUENCE.jpg
コクヨは2015年にスタンディングワークを可能にしたテーブルSEQUENCEを発売しました。
先日、掛川市の会計事務所様へ導入させていただきました。これまでも機能的な執務イスをご利用いただいておりましたが執務時間が長く腰痛を訴えておられました。
オフィス家具の世界では40年近く人間工学に基づく執務イスを開発してきており、かなりハイスペックで良いものになりましたが執務時の腰痛は抜本的には改善されていません。
SEQUENC・シークエンスはオフィスにスタンディングワークスタイルを実現しました。
電動昇降で天板高さを自分の最適な位置にフィッティングさせ座位立位自由に対応します。
執務の効率化や腰痛対策だけではなく、視点を変えたり姿勢を変えたりすることで体だけでなく心も刺激され、これまでにない発想・ひらめきが生まれます。
ワーカーの健康を維持し執務効率も発想力も高めて長時間残業を克服することでオフィスでの「働き方改革」を実現すれば21世紀の勝組となることもできるはずです。
SEQUENCEのホームページでご体感ください!!

総選挙の結果に見る「風」の読み方!!

2017/11/14

今回の総選挙の結果を評して284議席を占めた自民党は得票率では48%で決して圧勝ではないとの意見をメディアでもネットでも多く見ます。全有権者数からすると自民党に投票したのは25%であり国民は安倍首相を信任しているわけではないとも言っています。この結果は小選挙区制度によるマジックであり民意を反映しない間違った制度だとも指摘されています。
今回の選挙結果は現在の日本が置かれている状況をつぶさに見て危機意識を高めた国民の正しい選択結果だとみることもできます。日本国民は賢明な選択をしたのだとの評価です。
小選挙区制度は問題もあるが国政を安定させることは国益に叶ったことだという見方です。
この選挙結果を思わしくないとする人は安倍独裁政治をイメージさせたいのだと思いますが、この制度は独裁を生む制度ではなく風が変われば簡単に政権が変わることにもなります。風の吹く方向により大きく舵が切れる言わばオーバーステアリングの特性が現れます。希望の党を立ち上げた小池氏はこのオーバーステアリングに賭けて、逆風を受け敗退しました。
小池氏の敗北もメディアでは国政に出なかったこと、加えて「排除」等の言葉が原因だと分析する向きが多いようですが、小池氏が初めから「政党代表は務めるが都知事の職は都民の為に全うする」と表明しなかったことだと思います。その上で排除などの言葉で足をとったメディアの影響もありました。希望の党が烏合の衆とならない為にはこれは必要な判断でしたが言葉遣いの配慮に欠けたということです。都知事選や都議会選挙で圧勝できたのは、都民が選んだ都知事への都議会自民党議員の侮蔑的行為と露呈したドン都政への都民の報復が要因でした。決して秋葉原に現れた安倍政権打倒勢力に都民が加担したのではないのです。
都民は東京都で顕わになった問題を解決してくれる騎士として小池氏を選び支持したのです。東京都の問題を投出すなら当然反旗を翻します。小池都知事はブームを自分の政治的力量と読み違えました。しばらくは批判の矢面に立たされるでしょうが、しっかりと反省をして、勝負師を脱皮して、ひるまずしっかりと都政に取組んでもらいたいと思います。それが都民の信頼を取り戻す唯一の方法です。今日、小池氏が希望の党の代表を辞任したのは都政に専念する為に必要なことです。
先月訪れた東京は台風の影響で無情の雨でした。夜、雨で霞む都庁舎は巨大な怪物のような異様な姿を見せてくれました。
CIMG6452-2.jpg

Wi-Fiの通信規格WPA2の脆弱性対策!!

2017/10/19

Wi-Fi環境の通信規格WPA2の脆弱性が指摘され問題になっています。
Wi-Fi環境下で暗号化された通信内容が第三者に読取られてしまうというものです。
今後は読取りだけでなく攻撃の対象となる可能性もありますので十分な注意が必要です。
WindowsやAppleのOSでは対策パッチファイルを配信済みですので更新しておきましょう。
Linuxも対応されていると聞いています。
Androidについては近日中には更新ファイルが配信される予定です。
この件に限らずOSは常に最新の状態にアップデートしておかなければ危険です。
重要な情報の発信にはHTTPでなくHTTPS で接続されているサイトであることを確認する、
有線LANが使える場合は有線LANを使用する等の使用上の対策も必要です。

10月22日は衆議院選挙の投開票が行われます。
テレビでは巧妙で恣意的な報道もありますので誘導されることなく判断しましょう。
台風の影響が心配ですが国民として重要な選択ですので投票場に足を運びましょう。
私たちが、自分の次世代の人達に誇れる国の姿を実現できる、重要な一歩です。

横行する電話詐欺にご注意を!!

2017/10/05

CIMG6335.jpg
弊社社員の親族のところへ孫(息子)をよそおった詐欺電話がかかってきました。
「携帯電話を失くしたので警察に届けた。警察からそちらへ電話があるかもしれないから連絡した。」という内容でした。
親族が電話に出た時、名のらぬ相手に「〇〇かい」と孫の名前を言ってしまったのです。
しかし、本人に連絡が取れ事なきを得たとのことですが警察を名乗る電話もありません。
これは詐欺の前兆電話で個人情報を盗みリスト化して悪用しようというものです。
最近では「音声ガイダンス」で始まり案内されてボタンを押すと電話がつながり相手が出る。相手から本人確認の為にと個人情報を聴取する。カード詐欺の被害にあっている等と思わせ誘導して金銭の要求に移る。という巧妙な手口もあるようです。
金銭や個人情報に絡む話は、たとえ相手が親しい人であっても一旦電話を切り、携帯をなくした等の言葉にとらわれずこちらからかけ直しましょう。企業なら自ら連絡先を調べましょう。
このようなことが身近で起こると、何も信じられなくなってしまいます。
政界では衆議院が解散されて総選挙となり急遽「希望の党」が台頭してきました。
小池代表はここに来て衆院選には出馬しないと明言、前原氏は政治判断での出馬を打診、前原氏は打倒安倍政権を旗頭に民進党を割っても政権を奪取したい意向です。
「大義無き解散」や「パクられた」から始まり、民進党の解党・希望の党への合流へ進みましたが、聞こえてくるのは相変わらず「安倍政権打倒」で、なぜ打倒すべき政権なのかは明確ではありません。そもそも安倍一強は安倍首相に代わることができる人材がいないことが原因で日本の政治家の資質が問われていることですから、先ずは身を律して「国民の為に何を為すか」を考えるべきです。
現状はこれからも多くの時間を森友・加計を争点として追及するだけのように思えます。
見掛の問題追及に終始し正面から政策で対峙しなかったことが民進党の瓦解の原因です。
小池氏は策士であり勝負師です。チャンスをうまく切取り自分の風としてしまいます。
これまで国政出馬をウヤムヤにして、ここで100%無いと、初めから言っていると釈明。
前原氏や党員に押され都知事後任を指名し東京の為日本の為に出馬となるのでしょうか。
日本初の女性首相を旗印に選挙戦に臨むのでしょうか。
都民は裏切られたと感じないでしょうか。都知事選挙には50億円もの巨費も必要です。
政治の世界が詐欺電話まがいの「取った者勝ち」ではいけません。
10月22日の衆院選は、誘いの言葉ではなく、日本の舵をとる実行力の有無をしっかりと見据えて投票したいと思います。今回の選挙はこれまでにない日本の将来に重要な選択をする選挙だと思います。

ページの先頭へ戻る

新着情報
2018.01.11 2018年 真の自由(リベラル)を忘れない為に!!
2017.12.22 オフィスの「働き方改革」これからのワークスタイル!!
2017.11.14 総選挙の結果に見る「風」の読み方!!
2017.10.19 Wi-Fiの通信規格WPA2の脆弱性対策!!
2017.10.05 横行する電話詐欺にご注意を!!
月別アーカイブ
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2011年3月
2011年2月
2009年11月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年8月